FC2ブログ


脂質」は、肥満、生活習慣病、メタボ、ダイエットなどの観点から、敬遠される風潮がありますね。では、脂質を摂取しなければ健康になれるのかというと、決してそうではありません。

脂質は、糖質やタンパク質と並んで「三大栄養素」の1つであり、最もエネルギー効率の良いエネルギー源です。他にも脂質は多くの重要な役割を担っており、私たちの身体にとって「脂質」は不可欠な栄養素なのです。


脂質不足のデメリット


脂質は、糖質やタンパク質と並んで「三大栄養素」の1つであり、脂質1グラムあたり9キロカロリーと、三大栄養素の中では最もエネルギー効率の良いエネルギー源です。

他にも脂質は、ホルモンや細胞膜・核膜の成分であったり、臓器の保護や体温保持、脂溶性ビタミンの吸収を促進するなどの働きもあり、多くの重要な役割を担っています。

生活習慣病が社会問題化して、肥満の原因となる脂質は敵視されがちですが、食事量が少ない高齢者や極端な食事制限でダイエットしている人たちの場合は、脂質不足でエネルギーが不足して疲れやすかったり、体の免疫力が低下するなどの可能性があります。また、脂質とともに吸収される脂溶性ビタミンの吸収性が低下してビタミン欠乏になるリスクもあります。

脂質は細胞や女性ホルモンの成分でもあるので、脂質不足は皮膚の新陳代謝にも影響して、「肌荒れ」の原因になるのは当然ですよね。





脂質とは


脂質とは、簡単に言えば「水に溶けにくく、有機溶媒に溶ける生物由来の脂溶性物質の総称」であり、炭素、水素、酸素で構成されています。脂質は化学構造の違いによって「単純脂質」、「複合脂質」、「誘導脂質」の3種類に分類されます。

脂質300x260

 また、脂質を構成している重要な要素が「脂肪酸」です。脂肪酸は、化学構造の違いによって多くの種類があり、含まれる脂肪酸によって脂質の性質も大きく変わります。

脂肪酸の分類500x125

  ▼ 脂質とは(あぶらに関する用語解説)
  ▼ 脂肪酸とは


関連記事








   
★ 楽天カード


HOME