FC2ブログ


運動は、免疫機能を高めることが知られています。その一方で、たくましい肉体と優れた身体能力を持ちながら、「トップアスリートは意外に風邪を引きやすい」という現象が知られています。

アスリートは体を鍛えているはずなのになぜなのか、きっと多くの人が疑問に思われることでしょう。


アスリートは免疫機能が低下している


過酷なトレーニングを継続するアスリートは、一般の人よりも免疫機能が低下しやすく、風邪を引きやすいと言われています。

実際に、2012年のロンドンオリンピックで選手に多かった疾患は以下の通りです。

(1) 上気道感染症(風邪)  41%
(2) 胃腸炎  16%
(3) 皮膚疾患  11%
(4) その他  32%

最も多かったのは上気道感染症(風邪)でした。また、大きな国際大会でみられる内科系疾患の順位は、いつも決まっているそうです。

スポーツ医学で免疫機能の指標としてよく使われるのは「SIgA(分泌型免疫グロブリンA)」です。SIgAは唾液、消化液、涙などに含まれる抗体であり、ウイルスや細菌が粘膜に侵入するのを防いでくれます。検査しやすいうえに、含有量が増えれば免疫機能が高いと簡単に評価できます。

今まで運動をしていなかった人が適度な運動をすれば、SIgAの値は上昇しますが、過激な運動をすると逆に低下します。

アスリートの唾液に含まれるSIgA量と風邪の罹患率を調べた研究(Med Sci Sports Exerc. 2008 ;40:1228-36)では、SIgAが30%低下すると3週間以内に風邪を引くリスクが28%、SIgAが60%低下した場合は風邪のリスクが48%に上昇しました。

他にも、普通に運動している一般人よりもアスリートのほうが風邪を引きやすいことを確かめた論文(Med Sci Sports Exerc. 2007;39:577-86)があります。





激しい運動で免疫機能が低下する理由


なぜ、激しい運動では免疫機能が下がるのでしょうか?

実は、運動はストレスの一種として作用します。一般に、身体にストレスがかかると、副腎皮質ホルモンである「コルチゾール」が分泌されます。このコルチゾールには、免疫抑制作用があるのです。

免疫機能が異常に高まる花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患では、それに対応するためにコルチゾールが分泌され、その影響で免疫機能が下がってしまうという訳です。また、運動以外の様々なストレスに対してもSIgAの値が下がることが分かっています。

大会に出場するアスリートにとって風邪は大敵ですね。免疫機能が落ちやすいアスリートは、特に風邪対策を考えなければならないでしょう。


関連記事







 
★ 楽天カード


HOME