FC2ブログ


ダイエットを行うにあたり、体重の変動だけに注意する人が多いのではないでしょうか。つまり、「体重減少」だけがダイエットの唯一の目的となっている場合です。

ところが、実際に同じ体重の人同士を比較してみると、「体型」の差に驚かされることも多いもの。

今回は、体重と体型のお話です。


体重が同じでも体型は様々


仮に同じ体重の人同士を比較しても、体型や全体のシルエットには人それぞれ個人差がありますね。

その体型に違いが出る大きな要因は、「脂肪は軽い、筋肉は重い」という組織重量の比重の違いにあります。具体的には、同じ重量で組織の量を比べると、軽い脂肪組織は、重い筋肉組織や骨などに対して「1.25倍(25%増)」も体積が異なります。

つまり、同じ体重の人同士で比較すると、体脂肪が多い人では体型はポヨ〜ンと膨らんでしまいます。逆に、筋肉質の人では筋肉が引き締まって、余分な脂肪が少なくてキュッとくびれたメリハリがある体型になります。つまり、スリムに見せるには脂肪を減らして筋肉を付ける方が「視覚的な効果」は断然高くなります。

体重変動の少ないダイエットの「停滞期」でも、周囲の人からは意外に「身体が引き締まったね!」なんて言われて、それで初めて自分の身体の変化に気付く人も多いそうですよ。

ですから、ダイエットの「停滞期」で体重変動が見られなくても、すぐに諦めずに自分の変化をチェックしてみましょう。


関連記事








  
★ 楽天カード


HOME