FC2ブログ


メタボリックシンドローム(通称:メタボ)の背景には、「内臓脂肪型肥満」があるでしょう。

従来、脂肪細胞は余分なエネルギーの貯蔵場所として考えられてきました。しかし、近年の研究では、他にも脂肪細胞の様々な役割が明らかになっています。

具体的に、人間の生体機能に関わる生理活性物質(アディポサイトカイン)を分泌し、血液中の糖質や脂質、あるいは血圧のコントロールなどに大きな影響を与えていることがわかってきました。

内臓脂肪が過剰に増えると、アディポサイトカインの分泌に異変が起こりやすくなり、色々と悪影響が出てきます。そこで、「過剰な内臓脂肪の問題点」について解説していきます。


血糖値を上昇させる


インスリンの働きが悪くなる「インスリン抵抗性」を悪化させ、血中の糖質が増えて血糖値が上昇しやすくなる。


血圧を上昇させる


血圧を一定に維持する物質の機能が低下し、血圧を上昇させる物質が分泌される。


血中のコレステロールを増やす


内臓脂肪が分解されて血液中に入ると、血液中の中性脂肪やコレステロールが増える原因となります。


脂肪細胞から分泌されるアディポサイトカインには動脈硬化を予防したり、脂肪を燃焼させたりする作用があります。しかし、脂肪の量が過剰に増えると、アディポネクチンの分泌が減ってしまいます。

また、満腹ホルモンと呼ばれる「レプチン」は、食欲を抑制したり、交感神経を活性化してエネルギー消費量を増やします。しかし、同時に血圧を上昇させてしまうので注意が必要です。

ほかにも、内臓脂肪が増えると悪玉コレステロールが増えて動脈硬化を促進したり、血栓が作られやすくなるなどの、複合的な影響が出てきます。


関連記事








 
★ 楽天カード


HOME